日本の上海蟹 モクズガニ

手に入りにくい上海蟹と同じ味を楽しめる!モクズガニ。

上海蟹と同じ味!モクズガニ。

濃厚なカニ味噌が美味!
中国料理の定番食材の一つである、上海蟹は06年度からの外来種規制で手に入りにくくなりました。しかし、日本にはモクズガニという上海蟹の同類種がいます。通称、ツガニ、カワガニ、ゲガ二などと呼ばれている日本の河川に生息するカニです。味も上海蟹に匹敵するか、それ以上とも言われています。しかも、中越の清流で採れた天然もの。安全で、自然が育む味覚を味わえます。

モクズガニって、どうやって採るの?どこで採れるの?

モクズガニって、どこにいるの?いつ採れるの?

川やその周辺の水田、用水路、河口、海岸などに生息しており、上流に行けば行くほど採れるモクズカニは大きくなります。旬は産卵時期の9月から11月にかけてで、産卵のために海の方に下る蟹が美味しいです。

モクズガニって、どうやって採るの?

魚のガラなどを入れた籠を、生息地域の清流の浅瀬に一晩、仕掛けます。

魚のガラなどを入れた籠を、生息地域の清流の浅瀬に一晩、仕掛けます。

モクズガニは、昼間は水中の石の下や石垣の隙間などに潜み、夜になると動き出します。

モクズガニは、昼間は水中の石の下や石垣の隙間などに潜み、夜になると動き出します。

比較的、海に近い清流を好んで、生息しています。さらに産卵のために向かうモクズガニを狙います。

比較的、海に近い清流を好んで、生息しています。さらに産卵のために向かうモクズガニを狙います。

天然取れたての蟹は、元気で今の季節は大漁に取れます。

天然取れたての蟹は、元気で今の季節は大漁に取れます。

元気なので、はさみに気をつけて捕獲します。

元気なので、はさみに気をつけて捕獲します。

採れた蟹は、池で大事に生きたまま保存されます。
採れた蟹は、池で大事に生きたまま保存されます。

モクズガニってどうやって食べるの?

モクズガニの食べ方

・生のまま、すりつぶして味噌汁の具にする
・塩茹でにする
・煮物
などの調理法があります。
但し、寄生虫がいるので、調理には注意が必要で確実に火を通すことを気をつけてください。

塩茹での方法

1.縛った状態で、配送いたします。解くと、生きていますので、逃げる可能性があります。ご注意ください。
2.鍋に水を入れ、生きたままのモクズガニ(縛ったまま)を入れ蓋をします。
3.完全に甲羅が赤くなるまで、15分以上茹でます。
4.赤く茹で上がったモクズガニを皿に盛ります。毛蟹と同様、カニミソが美味です。

モクズガニの購入はこちらから

新潟産天然物モクズガニ 1kg オス・メス混合