「 根津健雄 」一覧

根津 健雄のプロフィール

「田んぼの真心」を食卓に

有機栽培は、手間がかかり、害虫や病気とのたたかいです。我が家の稲作はすべて有機栽培、夏場は農業一本。アイガモや乗用除草機などは用いず、田んぼを歩いての作業にこだわっています。健康な稲、安全でさらにおいしいお米を目指しています。独自に検査を受け、放射性ヨウ素・セシウムの不検出を確認しています。皆さんの楽しい食卓のお役に立てることを願っています。

川西米(かわにしまい)の産地の有機米

旧・中魚沼郡川西町(現在は十日町市)は「川西米」の産地として知られています。河岸段丘に位置し、全国有数の豪雪地帯です。豊かな気候風土に恵まれ、お米、そば、野菜など、おいしさが自慢です。地域でも貴重な有機栽培のお米です。十日町市は、十日町雪まつりや大地の芸術祭など、観光にも力を入れています。

豪雪ならではの恩恵豪雪ならではの恩恵
田んぼは、冬期間は雪におおわれることで、極端な低温や乾燥から守られ、土をじっくり休ませることができます。雪解けは例年4月下旬以降です(写真は4月2日)。
健康な稲づくりに向けて健康な稲づくりに向けて
雑草や病害虫に負けないように、健康な稲づくりを重視しています。ミネラルを補給し、窒素肥料は控えめにしながら、タイミングの良い除草を心がけています。
基本は「元気な田んぼ」基本は「元気な田んぼ」
カエル、トンボ、カマキリなど、たくさんの生きものが暮らす元気な田んぼで、稲を育てています。畔にもミントやスミレなど、多くの種類の草が季節の花を咲かせます。

この生産者の商品

魚沼産コシヒカリ 魚沼豊穣

魚沼産コシヒカリ 魚沼豊穣

有機JAS認定の魚沼産コシヒカリ「魚沼豊穣」は、元気な田んぼや健康な稲にこだわっています。粒張りの良さ、ツヤ、粘り、甘みなどを合わせ持っています。収量は少ないですが、品質は最高峰といえます。栽培方法や除草方法の工夫に積極的に取り組んでいます。

農業現場から平成を考える

農業現場から平成を考える

 「平成」最後の日となりました。  元号が代わっても全てが変わるわけではありません。どちらかというと変わらないものの方が多いと言えます...

記事を読む

いつもの水仙

いつもの水仙

 いつもの水仙です。  あまり大きな変化はありませんが、つぼみのある茎が少し伸びています。  塩水選をおえた種籾は、温湯消毒をします...

記事を読む

1回目の塩水選

1回目の塩水選

 「充実した種籾」を選ぶことは、日程的には春作業のスタートで、また、重要なことです。  これから遭遇するであろう様々な試練を乗り越える...

記事を読む

今日の田んぼ

今日の田んぼ

 寒くて、時折雨の降る日でした。  3月下旬の方が春らしい日でした。  写真は今日の田んぼです。じっくり見て下さい。  水はゆっく...

記事を読む

いつもの水仙

いつもの水仙

 寒い日が続いています。  いつもの電柱の近くに生育している水仙です。  いつもの水仙と名付けました。  周りの草は雪の重みで押し...

記事を読む

雪青

雪青

 天気が良く、雪解けがすすみました。  写真は今朝の雪です。  写真ではうまく表現できていないのですが、光を反射している「キラキラ」...

記事を読む

この冬は、

この冬は、

 森林総合研究所・十日町試験地のホームページでは、積雪情報がきめ細かく公表されており、大変役立っています。  この冬の積雪深(積もって...

記事を読む

やっぱり雪国

やっぱり雪国

 いつもの電柱です。  予想は外れましたが、株価の暴落がなく、一安心です。  今日の朝の降り方は、この冬一番の降り方で、どんどん積も...

記事を読む

今日の田んぼ

今日の田んぼ

 今日の「田んぼ」です。  雪はすっかりとけています。  でも、農道には、部分的に残っています。  まるで湖のように見えます。 ...

記事を読む

フェイクニュース

フェイクニュース

 エイプリルフールにちなんだフェイクニュースです。真実ではありません。  政府は、平成を継ぐ新しい元号を「富国幸民」とすることを発...

記事を読む