無漂白のこだわりれんこん

れんこんについて

知っておいたらもっとおいしい、れんこんのこと

れんこんの歴史

ハスの原産地には諸説あり、中国などのアジア熱帯原産地説、エジプト原産地説などがあります。食用としての原産はインドと言われています。世界の熱帯、温帯に広く自生しています。
日本でも2千年前の蓮の実(大賀はす)が掘り出されるなど、花はすの歴史は古いです。食用としては鎌倉時代に中国から伝わり、全国各地に栽培がひろまりました。日本ではれんこんの穴から「先が見通せる」ということで、縁起の良い食べ物とされてきました。おせち料理には欠かせない食材です。
仏教では、釈迦(しゃか)の誕生を告げて蓮の花が開いたとされ、蓮台(れんだい)という仏教の台座はハスの花のことです。中国や日本でも仏教でいう極楽浄土とは蓮池のこととされていたので、寺院では境内に競って蓮池を作ったそうです。泥水の中から清らかな花を咲かせるはすは、清純を表すシンボルといえます。日本では特に花托(かたく)がハチの巣に似ていることから、「はちす」と呼ばれていました。「古事記」にも「波知須」の記載があります。

れんこんの効用

れんこんの主成分はでんぷんで食物繊維も多く含まれているほか、レモンに匹敵するほどのビタミンC、貧血に効き増血作用が高い鉄分、活性酸素を除去するポリフェノールも豊富です。これらにより、血管を丈夫にし皮膚の新陳代謝を高め、美しい肌を作ります。 また、ねばねばした成分のムチンはガン予防になるともいわれています。れんこん100gで人1日のビタミンC必要量をほぼ満たします。

良いれんこんの選び方

形に歪みがなく肉厚のもの、表皮や切り口が白く、さわったとき若干の湿りを感じるものが新鮮です。

れんこんのおいしい食べ方(下ゆで)

時間が経つと切り口が褐色になります。そのため切ったらすぐ酢水につけましょう。お湯に少量の酢を加えてから下ゆでをするとより白く仕上がります。
また、2~3ミリ程度に薄く切ったれんこんは電子レンジでも下ゆで出来ます。

保存方法

ぬらした新聞紙に包みポリ袋に入れ冷蔵庫に入れてください。