「 根津健雄 」一覧

根津 健雄のプロフィール

「田んぼの真心」を食卓に

有機栽培は、手間がかかり、害虫や病気とのたたかいです。我が家の稲作はすべて有機栽培、夏場は農業一本。アイガモや乗用除草機などは用いず、田んぼを歩いての作業にこだわっています。健康な稲、安全でさらにおいしいお米を目指しています。独自に検査を受け、放射性ヨウ素・セシウムの不検出を確認しています。皆さんの楽しい食卓のお役に立てることを願っています。

川西米(かわにしまい)の産地の有機米

旧・中魚沼郡川西町(現在は十日町市)は「川西米」の産地として知られています。河岸段丘に位置し、全国有数の豪雪地帯です。豊かな気候風土に恵まれ、お米、そば、野菜など、おいしさが自慢です。地域でも貴重な有機栽培のお米です。十日町市は、十日町雪まつりや大地の芸術祭など、観光にも力を入れています。

豪雪ならではの恩恵豪雪ならではの恩恵
田んぼは、冬期間は雪におおわれることで、極端な低温や乾燥から守られ、土をじっくり休ませることができます。雪解けは例年4月下旬以降です(写真は4月2日)。
健康な稲づくりに向けて健康な稲づくりに向けて
雑草や病害虫に負けないように、健康な稲づくりを重視しています。ミネラルを補給し、窒素肥料は控えめにしながら、タイミングの良い除草を心がけています。
基本は「元気な田んぼ」基本は「元気な田んぼ」
カエル、トンボ、カマキリなど、たくさんの生きものが暮らす元気な田んぼで、稲を育てています。畔にもミントやスミレなど、多くの種類の草が季節の花を咲かせます。

この生産者の商品

魚沼産コシヒカリ 魚沼豊穣

魚沼産コシヒカリ 魚沼豊穣

有機JAS認定の魚沼産コシヒカリ「魚沼豊穣」は、元気な田んぼや健康な稲にこだわっています。粒張りの良さ、ツヤ、粘り、甘みなどを合わせ持っています。収量は少ないですが、品質は最高峰といえます。栽培方法や除草方法の工夫に積極的に取り組んでいます。

フェイクニュース

フェイクニュース

 エイプリルフールにちなんだフェイクニュースです。  作り話です。  新潟県知事は、緊急の記者会見を開きました。  休日に、しかも...

記事を読む

今日の田んぼ

今日の田んぼ

 新年度に入りました。  恒例ですが、田んぼの雪を確認してきました。  積雪は約95cm、下の約27cmは水がたまっていました。 ...

記事を読む

脱線

脱線

 少し脱線します。  前回、JAグループは全力でTPPに反対していないのではと書きました。  これについては、異論もあると思います。...

記事を読む

メジャーからマイナー

メジャーからマイナー

 一昨日のいつもの電柱です。だいぶ少なくなってきました。  さて、農業を巡る変化について、さまざまなとらえ方があると思いますが、そ...

記事を読む

米と稲作農業が変わる!

米と稲作農業が変わる!

 ちょうど昨年と同じペースで雪消えが進んでいます。  当地域は、このグラフの観測点よりも雪が多いので、積雪はもっと多いのですが、傾向は...

記事を読む

冬の記録

冬の記録

 雪どけが進んでいます。  ただ、当地域においては、春作業は遅れそうです。  雪の壁を見ると、固い部分はなかなか溶けず、柔らかい部分...

記事を読む

かぜつよ

かぜつよ

 風の強い日でした。  電柱が倒れたり、屋根が飛んだり、停電が起きたり、交通が混乱したりと、各地で大きな被害が出ています。  夕方、...

記事を読む

激震

激震

 魚沼産コシヒカリは28年間「特A」の評価を受けていましたが、29年産米は「A」の評価となりました。  一般財団法人日本穀物検定協...

記事を読む

多分、今日がピーク

多分、今日がピーク

 多分、今日が積雪のピークだと思います。  まだ終わったわけではありませんが、この冬は、久々に厳しい冬となりました。  今日は、雪も...

記事を読む

ほぼ最高

ほぼ最高

 昨日もよく降り、今日も降りました。  今後は気温も徐々に上がってくると思われるので、それにつれて、同じだけ雪が降っても積もる高さはこ...

記事を読む